女性に限って言うと毛深い方々はごく僅かですが、男性の人達となると体毛が薄いタイプと、濃いタイプへとはっきりと分かれています。

 

他人と比較すると体毛が明らかに濃い状態にある方は、それなりの悩みなどを抱えており、薄い人においてでも大きなストレスとして常日頃から持ってます。

 

一般的に毛深い方々であると、いつもコンプレックスに思っているものです。

 

女性達が本能的に持っている心理からすると、男性の視線を密かに意識している為、どうしても気にしてしまいます。

 

体毛が極端に薄い人だと悩む事自体少ない感じがするのですが、髪の毛のケースですと必ずしもそうだとは限りません。

 

これらの体毛の違いとは果たしてどの部分により全く変わって来るのでしょうか?

 

それは主に男性ホルモンが分泌される量が強く影響を齎し、体毛の濃ゆさの程度などが明確に現れて来ます。

 

女性のパターンに関してでも男性と同様に、ホルモンバランスの力により毛深い方がいらっしゃいます。

 

ホルモンバランスの影響が非常に強く、日常生活での環境や両親の遺伝などにより体毛が濃ゆくなったり薄くなったりします。

日本人はアメリカ人やヨーロッパ人と比較すると体毛がとても薄い傾向にある

何故かと言うと日本は暖かくなったり寒くなる時の差が激しく、この厳しい気候へと上手く対応して行く為に、身体の全体的な体毛が完全に薄くなっているからです。

 

国内で1番北のエリアにある北海道のなかで、長い間滞在すると体毛が圧倒的に薄くなります。

 

反対に日本の南端部に存在する沖縄県の中により、暮らして行くと体毛が驚く位に濃くなって行きます。

 

更に凄く寒い環境の中によって過ごしていると、汗を掻く現象が殆ど発生しないので、その事に比例するかのように体毛が育って行くスピードが遅くなります。

 

大半方々が経験あるのかと思われますが、夏場を迎える事によって産毛が無数に生えるのに、冬場へと突入する事により想像していよりも簡単なメンテナンスによって済んだりします。

 

性別に一切関係なく女性や男性に至ってでも、毛深い事に劣等感を強く感じて過ごしている人々が、意外に多く実在するのが現状であります。

 

体毛の濃ゆさと年齢などにに全く関係してなく、専用に開発された抑毛ジェル、脱毛クリームを上手に活用したり、或いは美容エステサロンなどを、賢く利用する人達などがどんどんと増え続けています。