今日ではアンダーヘアの脱毛メニューが、美容業界でも大きな割合を占めるようになってきています。

 

かなりオープンな話題になりつつあり、広告や宣伝の露出も雑誌やインターネット上で行なわれていて、ユーザーにとっても敷居の低いものとなりました。

 

とくにハサミやカミソリを使って自分で処理を行なわなくてすむ点、また施術が完了すれば何年も再発毛がないという点が、大きなメリットとなります。

 

さらにアンダーヘアが濃い、広範囲には得ているという人にはコンプレックスを無くすためにも良い方法です。

 

IラインとOラインは完全脱毛で衛生度が高まり、Vラインにおいてはヘアをどのように残すか、あるいは残さないか、という点の自由度があり、審美的な要素すらあります。

 

今日的意味の美容脱毛のメカニズムは、光方式とレーザー方式に分かれます。

 

前者はエステティックサロンで用いられているもので、比較的痛みは少ないものの、施術完了までの回数が多少かさむという傾向にあります。

 

一方後者は、医療系のクリニックでのみ認可されている方法になります。

 

多少痛みが感じられるものの、施術回数は少なくてすむというメリットがあり、医療行為を提供する業者であるために不測の事態があり得たとしても安心である、と考えることができます。

 

この記事においてはレーザーによるVIO脱毛について考えます。

 

レーザーによる脱毛のメカニズムは、毛根を照射することによって瞬間的に高熱を生じさせ、毛根に接する毛包や毛乳頭を焼いてむだ毛の再生機能を無くさせるというものです。

 

そしてレーザー脱毛においては、アレキサンドライトレーザーと呼ばれるもの、またダイオードレーザーと呼ばれるものの、二通りがあります。

 

前者はもともと入れ墨を消すのに用いられていたこともあり、メラニン色素に有効な波長を出すため、またまたコラーゲンの生成を促すために開いてしまった毛穴を引き締めるという、脱毛の他に美肌効果を実現するという付加価値があります。

 

一方ダイオードレーザーは、冷却装置を伴って施術ができるため、出力をあげて産毛や細い毛まで脱毛させることができるうえ、前者に比べ痛みが少ないと考えられています。

 

VIO脱毛にはいずれのタイプも対応できますが、デリケートな箇所であるため、特にIラインとOラインにおいては粘膜をも含んでいるため痛みは避けたいところです。

 

またアンダーヘアの生えている部分は、より外側のヘアが薄く、内側ではかなり太いヘアがあるので、作業効率の点からも冷却させながら高出力が得られるダイオードレーザーに分があるといえるでしょう。

 

これらの点から、おすすめはダイオードレーザーということになります。